趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

インテリアに「剥製」を取り入れよう!

 
  2017/08/14
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。
インテリアで壁に何か飾るとなると一般的にはポスターですか?
いやいや、ポスターも良いですが、剥製なんかどうですか?
自宅に剥製ってなかなかイメージわかないし、どこで売ってるのかも分からない、手に入れるにも高そう。という印象がありますが、意外と飾りやすくて部屋の雰囲気を華やかな印象にしてくれるオススメのアイテムの1つです。
例を交えながら説明していきたいと思います。
こちらは自宅のダイニングの一角です。
壁が白なので対比するようにアンティークや植物を固めました。家具は下にボリュームが出てしまうので、写真上のドライフラワーと鹿のハンティングトロフィーで上部の立体感を出してみました。
鹿は小ぶりで可愛い感じ。
アンティーク家具屋のAntisticで約¥30,000で購入。
小さ目なので結構お安くGETできました。

お気に入りの額と組み合わせて壁をレイアウト。

清潔感のある白壁に北欧家具との組合せが良い。

ヴィンテージ感の強いレンガの壁に、野性味のあるインパラの剥製は相性◎
家庭用エアコン丸出しなのが、ちょっと浮いてますが、、、

ヘラジカの剥製と暖炉が寒冷地域を連想されるインテリア。
白い室内なのに無機質にならないのは、統一感のあるアンティーク家具によるもの。

シンプルな本棚に、本やラグのカラーが入ってポップな印象だが、
剥製やサイドチェアで大人っぽさが加わりセンスのあるコーナーに。

ハンティングトロフィーの種類は定番の鹿や、ヘラジカ、バッファロー、イボイノシシ、インパラ、シマウマ、ツノのみ、骨など色々とありますが、動物の表情も大きさも全て違いますので、実物を見て選ぶことが重要です。
一番簡単に手に入れる方法は現在だとヤフオクですが、当たり外れもありますのでその場合は自己責任になりますが。

その他にはアンティーク家具店では、年に何回か海外へ買い付けに行きますので、そのタイミングで、リクエストし仕入れてもらう方法があります。センス良い店や自分を分かってくれるスタッフを見つけておくと良いでしょう。

自宅のリビングサイズや小規模店舗くらいにちょうど良いサイズのハンティングトロフィーが楽天で出品されていたのでUPしときます。写真も多く値段も良心的で良さそうです。

【中古】 牡鹿 剥製 ハンティング トロフィー
価格:39979円(税込、送料別)

この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2016 All Rights Reserved.