趣味を仕事にするためのブログ

僕が「好きな事をした方が良い」と人に言い続ける理由

珍奇植物を購入できる!日本最大級の多肉植物農家グランカクタス!

 
  2017/12/20
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

前回、インテリアグリーンは「センスの良い店」へ行くか、「安い店でセンスの良い物を見つける」かと言うのが大切な事と説明しましたが、そのセンスを試す事が出来る店があります。珍しいものがワンサカ集まっている多肉植物農家「グランカクタス」です。

前回記事:インテリアグリーンを選ぶ時は「センス」か「安い」で決めちゃおう!

グランカクタスは珍奇植物がたくさん!早速行ってみましょう!

一般客も購入できる多肉植物農家

グランカクタスとは?

グランカクタスは、千葉県印西市にある多肉植物農家。車なら都内からも約1時間半程度でいく事が出来る比較的アクセスしやすいスポットです。
グランカクタス代表の佐藤勉氏は業界では有名な存在で、約40年前からこのグランカクタスを運営している重鎮。多肉植物なら何でも知っているので分からないことは聞いてみよう!

「ベンさん」と覚えておきましょう!

ワンポイントアドバイス

珍しい品種も多くあるので育て方など分からない事はベンさんへ聞いてから購入するほうが良いのですが、大きなビニールハウスが5、6個あるので、イチイチ植物を持ってベンさんに見てもらって戻しに行ってというのは大変なので、スマホで聞きたい植物を撮影して画像を見てもらいましょう!

日本最大級の物量

温暖で乾燥している地域原産の品種が多い多肉植物は、水を多く必要としないものも多いので、この様にビニールハウスで管理されている。


どのビニールハウスも奥まで何千、何万もの多肉植物がズラーッと並んでいる。

サボテンやユーフォルビア、塊根植物などホントに色々な種類を見る事ができる。

世の中には変わった形の植物がたくさん。風の谷のナウシカに出てきた植物みたい。

レア植物をコレクションしたハウスがある

グランカクタスにはご自由にどうぞのビニールハウスと、入場する許可が必要なビニールハウスがある。ちゃんと聞いてから入るように心がけましょう!

入れない日もあるので、見てみたい場合は出かける前に確認の電話を入れておきましょう!TEL:0476-47-0151

コチラの隔離されたビニールハウスでは、植物オークションの競りを行っていたり、店舗へ卸しをする植物を置いてあったりするので一部買えないものもあります。

他のビニールハウスでは同じ物(近い種類)を大量に育てていたが、このビニールハウスではパッと見で分かる通り色々な品種が集まっている。成長に時間のかかる植物や流通の少ない品種などレアな植物がたくさん

高額な物もあるので目利きは必要!

2〜3個のものは良くあるのですが、20〜30個以上も塊になっているのはとても珍しい。

BRUTUSの珍奇植物の特集に出てくるようなものもあります。
普通のお店ではまず見れない植物が何百と置いてある。

アフリカ原産の珍しい塊根植物だってこの通り。

こんなに大量にあるので選び放題☆

人気のアガベも多数の種類が一気に見られる。
パッと見似ているけど上から見ると色々あるのが分かる。

こんなにデッカイ(1メートル近い)物だってある。

アガベは種類がめちゃくちゃ多いのですが、その中でも人気の「姫笹の雪」だってこの通り立派な物もありました。

まとめ

グランカクタスは色々な多肉植物が売っています。安いものは500円くらいからありますが、珍しい物が多いので何も知らずに行ってみると全体的に少し高額な印象を受けるでしょう。しかし、普段お目にかかれない品種の物がワンサカあり1万円台の物もザラで、中には10万円以上するものまでありますが、他と比べても恐らくグランカクタスの方が2割以上は安く、そして物量も多いので自分の好みの1鉢を見つける楽しみもあります。

ただ、一言で多肉植物と言っても、サボテンで何十種類、ユーフォルビアで何十種類、アガベで何十種類、塊根植物で何十種類、個体でいうと何千もの選択肢がありますので、まずは雑誌などで自分が気に入った品種をチェックしてから行くのがグランカクタスを存分に楽しむ方法だと思います。

広大なビニールハウスで自分のインテリアにピッタリの多肉植物を見つけるのは楽しいですが、夏はメチャクチャ暑いのでタオルや暑さ対策を忘れずに!
暑い時期は「よく来たね」って感じで、キンキンに冷えた缶ジュースを貰えるのが何だかとても嬉しかった。

グランカクタスへ行くなら、雑誌で相場感や欲しい植物を見つけてから行くのがオススメ!

この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2017 All Rights Reserved.