趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

シンプル&モダンな「ひかリノベ」の無料の資料がオススメな理由!

 
  2017/12/20
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

大きな買い物である持家購入の中でもリノベーションは比較的新しい選択肢。その時に困るのが周りに経験している人が極端に少ないということ。いきなりショールームへ行くほど本気じゃないしネットで調べても同じような事ばかり出てくる。そんな時に大事なのがリノベーション各社の情報収集、そうです、まずは無料の資料請求から始めるのがオススメです。というわけで資料請求をしてみました。

資料請求をして届いたのは、この3種類。

  1. 事例&入門ハンドブック
  2. テイストBEFORE AFTER事例集
  3. ひかリノベの案内資料

リノベーションをする時の会社選びは重要で、オーダーメイドだから各社で得意なテイストやセンスに違いが出てきます。今回はシンプルでオシャレなテイストが人気のひかリノベの資料を少しだけご紹介。

1、事例&入門ハンドブック

まず最初はA5サイズのミニ冊子のこちらは、「hikarinobe StyleBook」
英語でhikarinobeは何か違和感あるけど。。

過去の事例からひかリノベらしいテイストを紹介しています。

BIFORE & AFTERの図面、構造、広さ、築年数とデザインテーマの紹介。

ひかリノベの真骨頂のシンプルモダンテイストな事例集

東京両国、横浜のショールームの紹介。

最後はリノベーションフローとQ&Aのページ。
リノベーションのフローはどこの会社でもほとんど同じなのですが、こちらの表は物件購入、住宅ローン、設計施工の別々な内容3つを時間軸で見せているので明確で分かりやすくリノベーションの日程が理解しやすいです。僕はリノベーションは他社で行いましたが、この表が分かりやすかったので利用していました。

2、テイストBEFORE AFTER事例集

A4サイズの大きめ冊子style book
こちらは、先ほどの小冊子と同じように事例集なのですが、1つの事例を6ページに渡って更に詳しく説明しているものです。

BEFORE

以前の中古物件の状態と施主方の簡単なプロフィール。

BEFORE & AFTER 詳細比較
図面を用いてポイントを事細かに説明した比較が面白い。

AFTER
このように詳しく紹介している4事例をまとめた冊子です。モダン、ナチュラル、ヴィンテージ、シンプルなどそれぞれ異なったテイストの事例を紹介されているので、リノベーションはどんなところまで出来るのか?を見る事ができます。

3、ひかリノベの案内資料

こちらの冊子はA4サイズで、ひかリノベ自体の紹介をされているものです。

ひかリノベのリノベーションについての考え方や、方向性が記載されている。
人生のビッグイベントの一つだから、自分に合った、ちゃんとした会社にやって欲しいって思いますよね☆

ひかリノベは、シンプルなデザインの中にも大きく4通りのテイストがあります。

  • 自然の温もりを感じるナチュラルテイスト、NATURE(ナチュレ)。
  • スタイリッシュな都会的デザイン、URBAN(アーバン)。
  • 随所に光るセンスと個性、VINTAGE(ヴィンテージ)。
  • 伝統と洗練の和風モダンスタイル、粋(スイ)。

この4パターンのデザインテイストから選ぶ事が出来る。

全体の流れが簡単に理解できるスケジュール表。
引き渡しまでの最短スケジュールが記載されている。
リノベーション費用の内訳で多くを占めているのが「建材」と「人件費」だから、施工期間が短いほどリノベーション費用を抑える事が可能なので、進行ディレクション能力に長けている会社でリノベーションをお願いするというのもポイントの1つです。
ひかリノベはスケジュール管理が徹底している優良業者だと思う。

まとめ

以前オススメさせて頂いたリノべるは20代後半以上のターゲットイメージで、今回ご紹介したひかリノベは若者よりも30代後半以上の方に合いそうな大人なシンプル&モダンテイストが特徴。シンプルなデザインが好きな方は色々なバリエーションの実例を見る事が出来るので必ず自分のイメージが見つかるはず。資料は事例が事細かに掲載されていて分かりやすいので、資料請求はオススメです。僕も参考にさせて頂きました(^o^)9

■ひかリノベの無料資料請求はコチラ■

ちなみに僕の自宅は「ナチュレ」に近いかな。アイテムはヴィンテージだけど。

この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2017 All Rights Reserved.