趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

ゴチャゴチャと殺風景を解消する考え方

 
  2017/08/14
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。
自宅インテリアを今よりもオシャレにしたい、カッコよくしたい、可愛くしたいと思われている方は多いかと思います。
が、なんだか上手くいかない、ゴチャゴチャしてるような気がしていたり、殺風景な部屋だなとか思ってしまう事ってあったりしませんか?
今回は、そんな方へ向けてのお話をしようかと思います。

インテリアに凝ってしまうあまり物が増えてしまう「インテリアの足し算」の状態に陥っている場合です。これはよくある事で、物を単体で見ている人がこの状態になりやすいです。
売っているところを見て気に入り、ついつい手に入れて足し続けてしまう状態です。これを解決するには自宅インテリアに「何が必要」「何が不要」なのかを予め決めておくと間違いが無くなります。

断言しよう!インテリアはコーディネートだ!

現状で既にゴチャゴチャしてしまっている場合、解決する考え方として「洋服のコーディネート」に例えると分かりやすいです。
持っている腕時計を何個も腕につけたり服を見せたいから着れるだけ着る人と言うのはあまりいません。
オシャレな人はムダにものを身につけたりせず、色合いやボリュームのバランスを見て足したり引いたりするのです。
インテリアも似ていて気に入った物の「足し算」だけではなく同時に「引き算」をしてスペースに対してのバランスを意識することが大事なことです。

統一感を出す事が解決の近道!

単に物量が多いからと言うのもありますが、もう一つ大きな原因は「統一感が無い」ことです。
物が多くなくても、いろんなジャンルのもの(種類)が集まっていると散漫な印象になってしまいます。生活感のあるものをしまうだけでも変わるかと思います。

殺風景な印象の部屋の対策

ここ1〜2年「ミニマリスト」という言葉を聞くようになりました。簡単に言うとミニマリストは必要最低限の物しか持たないという考え方している人の事を指します。
滅多にいませんが(^_^;)
ここまでポリシーを持っている人ならば良いかもしれません。しかしそれは一人暮らし限定の話。

物を少なくしてシンプルで生活感が無いオシャレなインテリアを目指している人も多いかと思いますが、なかなか上手くいかない、何だか殺風景な印象になってしまっている場合も多いです。

ただ物を減らすと殺風景な部屋になってしまいます。生活感とは「感じ」ですから物の多い少ないとは実はあまり関係がありません。殺風景な印象になる原因は印象的な見るものが「無い」ことです。

手っ取り早い解決方法

殺風景なインテリアの解決方法として一番効率的で手っ取り早い解決方法があります。
それは「主役級の家具」を置く事です。
私の場合はアンティークを置いています。
例えばこんな感じ。

この場合はテーブルのセット(ランプも含め)がメインアイテムということになります。

と言った感じで中央に一番の主役級のお気に入りアイテムを1点配置して、あとは脇役。
これだけで殺風景になりません。それは見るべき物が出来たからで、何となく物が少ないと空間が気になったりしてしまいます。

オススメ家具をご紹介!

アンティーク以外にもデザイナー家具や名作家具などがオススメです。
比較的手が出しやすい5万円アンダーのものを少しだけ紹介します。

アーコールチェア

こちらはイギリスのアンティークです。
シンプルで丈夫、そして比較的安価なのが特徴。
自分もインテリアに取り入れています!

フリッツハンセンのアントチェア

北欧のスタイリッシュなデザイン。
ナチュラルで飽きのこないデザイナー家具。
こちらも愛用しています!

トリックスのAチェア

フランスの名作チェア。
DULTONでもリリースされている。
アンティークのAチェアが欲しい!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tolix トリックス A-Chair Aチェア 鉄 椅子 イス アンティーク 送料無料
価格:27799円(税込、送料無料) (2016/12/25時点)

まとめ

ゴチャゴチャしているインテリアは引き算をして空間のバランスをとる。インテリアのお店を参考にすると「展示」なので自宅に反映するとゴチャゴチャします。お買い物はその場で決めないで自宅のインテリアで必要なものを決めておくと自宅のバランスが保たれます。食材を買うときも同じですね!
逆に殺風景なインテリアの原因は、物が少ない状態で見るべき物が無く間が空いてしまう事です。部屋の「メイン」を作る事で殺風景が解消されるというわけです。

この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2016 All Rights Reserved.