趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

RoomClipの「いいね」や「フォロアー」を伸ばすには?

 
  2017/08/14
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

「いいね」が集まる写真、集まらない写真

まだ36画像しかUPしてないので大きなことは言えませんが、「いいね」が集まる写真、集まらない写真にはそれぞれ特徴があるように思います。

1、見る人が求めている画像

大前提にインテリアを公開するというコンセプトのSNSなので、見る人の多くはインテリア画像を期待しています。インテリアに関係ないものや、アイテムの物取りのような画像にはあまり「いいね」が押されない傾向にあるようです。

自分の部屋を例にしてみると、「いいね」が集まりやすい画像、集まりにくい画像は下記のようなものでした。まず画像を見ていただきましょう。

Roomclip
↑この画像が一番「いいね」が付いている。
まず1個目の画像は、始めてすぐにUPしたもので「いいね」は現在455。インテリアのテイストを見て取れる全体が写るようにして、家具もしっかり見えるように撮影しました。

Roomclip

約1日で一番「いいね」の数が250まで伸びた画像

2枚目のこちらの画像は、3日経過で現在345。配置を決めすぎないで、割と生活感があり自然体でラフな状態を撮影したので、綺麗すぎる部屋よりも親近感が湧くのかもしれません。

Roomclip
10日ほど経過しても、あまり「いいね」が伸びなかった画像

3枚目のランプの写真は10日以上経過で83に留まっています。他の画像に比べると明らかに「いいね」が少ない写真です。原因は、おそらく撮影対象がアイテムに寄りすぎていて、部屋を感じない写真になっているからだと思います。お気に入りのアイテムなのですが、自分が気に入った画像でも、見る人からすればだから?って感じになっているんだと思います。

見る人が求めているものは、他のユーザーが「どんな部屋なのか見たい」とか、自宅の「インテリアの参考になる」などに利用している方が多いので、自分はどんな相手に向けているかのターゲット設定と、部屋の空間を感じる奥行き感を出してみるといいと思います。

2、探されやすい画像

画像には「タグ」を付けることができます。ユーザーがワード検索する際にタグが付いていると検索結果に出てくるので、自分と同じ物を持っている人や趣味が合う人に「いいね」してもらえる可能性が上がります。タグをつける場合、出来るだけ具体的なワードが効果的で、例えば「植物」や「サボテン」という大分類よりも、より具体的に品種や呼称をタグ付けした方が効果は上がるでしょう。自分のオリジナルの言葉をタグ付けしてもタグ効果は薄いと思われます。

3、目的を意識した画像

一般的に良い写真とは、何を目的としているのか、何を伝えたいのかを写真1枚で表現出来ているかという事です。まずは、自分なりの主題を決めて、ユーザーはインテリアという空間を見たいと思いますので、部屋の広さを感じたり、奥行きを出したりして、楽しさやオシャレさなどを表現できれば相手に伝わりやすいのだと思います。

「フォロアー」も増やしたい!

1、とにかく毎日更新

この手の投稿モノは、すごく単純な方法ですが、毎日コツコツやる事が大事です。あまり更新がないユーザーをフォローしてもUPされるワクワク感が無いからです。朝起きたらとか夜寝る前になど決めて日課にして楽しむといいと思います。

2、飽きられない工夫

部屋なので取る場所が少なく同じような写真になりやすいので、上手いユーザーは高いor低い位置や壁際や時には逆光の写真も。色々な角度から撮影して見る人を飽きさせない工夫をしているようです。

3、積極的に交流を

投稿された画像にはコメントすることができます。そのコメント欄に感想や質問をしてみるのもいいと思います。自分も写真内の気になったアイテムについて質問は良くしています。あと、コメントをしてくれたユーザーへ返信は必ずするようにしていて、それで会話が盛り上がることもあります。結果的にフォロワーが増えていくわけです。

まとめ

目的意識のある画像に、正しくタグを付けて、色々なパターンの写真のUPを毎日続ける。これである程度「いいね」「フォロワー」が増えて、より楽しめるようになるかもしれません。まあでも「いいね」や「フォロワー」の数の多さを求めず単純に楽しめればいいと思いますね。

↓私のアカウントはこちら↓
Google Play
iTunes store
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

Comment

  1. […] の雰囲気が伝わる引き写真の方が人気でした。 私の分析より、RoomClipの人気ユーザーmrito1952さんのブログ記事「RoomClipの「いいね」や「フォロアー」を伸ばすには?」が参考になります。 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2016 All Rights Reserved.