趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

アングルで「いいね」を集める撮影方法!

 
  2017/08/14
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

マイルームの写真をSNSで毎日1枚UPしています。その写真を使って「いいね」が集まるインテリア解説をご紹介。

基本の構図を意識して撮ってみる

カメラ位置と手前の絨毯、奥の窓を中央で合わせて線を意識した構図で整然としたベース。その他の家具の配置を後は感覚で!適当に配置して撮影するとガチャガチャしてしまう事が多いので、この様に写真のベースの構図を決めておくとキレイにまとまり易い。

いつもの構図にシンボルツリーを取り入れる

インテリアにはグリーンが付きものですが、多肉植物のような小さいものは部屋全体を撮影すると存在感が無くなってしまう。自宅のシンボルとなるお気に入りの大きな植物を1点置くと個性が出て写真の雰囲気が明るくなります。

バーを取り付けてキッチンを華やかに

キッチンの壁を利用してバーを取り付けるとキッチンらしくなります。撮影の際は正面の写真写りがよく、華やかな印象になります。

奥行き感とディティールを捉える

お気に入りのアイテムを手前、背景に部屋全体を見せると、遠近感が出て部屋がより広く、インテリアとして深みが増します。手前はディティールを、背景は雰囲気を演出。目線より少し低くするのがポイント!

ロングレンジを意識して広く撮る

部屋で1番距離がある場所というと対角線の両隅。1メートル程距離を稼ぐ事ができたので物理的に広さが出せます。そうすると必ずパースが出るので、より奥行感を演出する事が可能。

ターゲットを狙い撃ち

ターゲット(被写体)を決めてからカメラを構え左右に移動しながら構図を探し、ターゲットが見えた所でストップして撮影。手前のアイテムがターゲットのすぐ隣でボケているので、コントラストの差が強く出て鮮明に見える。

ハイアングルは状況を現す

高い位置からのハイアングル撮影は部屋を広く見せる効果があるのと同時に、インテリアの位置関係も見えるので間取り図のように生活導線が分かって見ている人へ伝わりやすいのと参考にしやすいのが良いところ。

オススメ家具紹介:BOX

最後に楽天市場で見つけたしっかりした物なのに意外と安価なオススメアイテムをご紹介。数が少ないものを選んだので、他人と被る事も少ないし個性の一つになります!

インダストリアル系のBOX

インダストリアル系のアンティーク調トランク。
収納にもなるので、よく使うものを入れておいたり突然の来客時にはとりあえずものを入れたり。ソファーと合わせてローテーブル代わりにできる見せる収納!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンティーク調トランク収納larmoシリーズ Sタイプ
価格:9720円(税込、送料無料) (2017/1/7時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンティーク調トランク収納larmoシリーズ Mタイプ
価格:16200円(税込、送料無料) (2017/1/7時点)

ミリタリー系のBOX

スチール製のミリタリートランク。
無骨な印象でポイントになること間違い無しです。こちらは1点物になるのでインテリアに個性と差を出す事ができるオススメの逸品!

この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2017 All Rights Reserved.