趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

フライパンを引っ掛けるキッチンバー

 
  2017/08/14
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

キッチンのフライパンを引っ掛けるバーって良いですよね。
でも何で引っ掛けるのかって思いませんか?
かっこいいから?スペースを取らないから?
それもありますが、これは合理的な側面があります!

それは、鉄だからです!

簡単にいうと錆びるからです。。
濡れたキッチンにトマト缶なんか置いとくと円の錆跡が付いた事ありませんか?
鉄の調理器具でも同じ事が起きます。
これを防いでるんだと思います。

ところで鉄製の調理器具って何が良いの?
1、料理を美味しくする
鉄製の調理器具は加熱に強いため、フライパン、スキレット、中華鍋などで使用されています。常温や冷たい食材でも鉄の熱が下がらずに焼く事ができるので、炒め物にはもってこいの材質です。他にも卵なんかは表面がパリッと中は半熟に焼く事だって出来ます。


2、丈夫で長持ち長寿命
はっきり言ってめちゃくちゃ強いです。空焚きOK。強火でいくら熱してもダメになる事はないし、むしろ使っていくうちに、こびり付きにくくなったりして使いやすくなっていきます。ドイツのフライパンブランドtark社の鉄フライパンなんかは、100年使えるっていうほどです。少し高いけど。

では、鉄製調理器具の弱点は?
錆びないように「メンテナンス」が難しそうというのがよくあります。実は以外と簡単で、慣れると全く苦になりません。

じゃあ、鉄フライパンのメンテナンス方法は?
簡単です。食器用のブラシやタワシを使ってゴシゴシ水洗いするだけ。洗剤はいりません水だけです。その後、乾かすために空焚きします。乾いたら終わり。それだけ。

フライパン引っかけ例をご紹介

スキレット。こんな感じにしたいじゃない!

多種多様な調理器具。こうとかしたいよね。

鉄の調理器具はコレ!
1、turk社フライパン(ドイツ)

turk フライパン

最高の鉄フライパンといっても過言ではない。1枚の鉄から職人が1つ1つ丁寧に打って製作しています。それを考えると安いと思えるほど。ちゃんと使えば一生どころか孫の代まで使える至高のフライパン。

2、LODGEのスキレット(アメリカ)

LODGE スキレット

最近なにかと話題のスキレット。一番有名で一番親しまれているのがLODGE社のスキレットです。ダッチオーブンなんかも扱っている会社なのでタフさは折り紙付き。他社に比べて最初から油ならし加工がされているので、すぐ使えるのがポイント。別売りのフタを合わせれば、火の通り加減も調節できる。分厚くて重いのがいい。

3、山田工業所 鉄打出片手中華鍋(日本)

鉄鍋、フライパン、中華鍋と製作している安心の日本製。
その中でも、山田工業の中華鍋は絶品。炒め物が楽しくなりました。以外と安くてとりあえず買うべきかなって感じです。

というわけで、キッチン用のバーは欲しいですよね。
いいキッチンバーが手に入ったので、紹介しようと思ってます。
それはまた次回、別のお話。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

Comment

  1. ririh より:

    調理器具にはこだわっていきたいです。turk持ってますよ!肉や餃子を焼くときにここぞとばかり使ってます!比べてないからわからないけど、勝手に美味しく感じてます。笑

    • renovelife より:

      いいですね!うちにはスキレットと中華鍋があって両方ともヘビロテです。先日、スキレットで肉じゃがを作りました。次は朝食用にturkをGETしたいですね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2016 All Rights Reserved.