趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

世間の常識を覆せ!会社辞めてチャレンジしようと思っていること

 
  2017/08/14
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

僕は今、某大手アパレルメーカーに勤めているいわゆる会社員としてデザイナーをしていますが、会社を辞めて今までにない働き方をしようかと考えています。

会社員=安定ってもう無いのでは?

会社員について考えてみたい

アパレルメーカーでデザイナーというと洋服を作っていると思われがちですが、僕がやっているのはグラフィックデザインです。商品を売るためのいわゆる販促関係のデザイナーというやつです。まあ言ったら普通にサラリーマンの一種ですね。

デザイナーでも営業マンでも事務でも皆会社員なので、どの会社でも同じように売上のこととか、働いている人間関係が当然関わってきて、ほとんどの不平不満はこの2つの要素なんだなって感じています。

ウソをついても何も満たされない

商品をターゲットへ向けて、店頭ポスターやポップ、フリーペーパーなどをデザインして、どう見せれば商品が売れるかを日々試行錯誤している訳なんですが、少し不満があります。
不満とは「売りたい物じゃない物でも売らなければいけない」こと。
商品を作っているのは自分と別の部署の仕事になるので、良いと思う商品もあれば、良さがさっぱり分からない商品(柔らか表現)まで色々あります。でも良いように見せかけて売らなければいけない。
仕事なんだからプロとして割り切ってやれよ!などというツッコミも聞こえますが、どうなんでしょう?(一応やってるけどね!)
誤魔化して人に物を売って、「売上達成!」などと一喜一憂するのが本当のプロなんでしょうか。なんて思ったりして。

意味ないことをしても、やっぱり意味ない

仕事中にコミュニケーションを取りながら仕事のモチベーションを保っていたりと、会社での人間関係は大切な要素だったりもしますが、ここにも少し不満があります。

その不満は「愚痴を言う人と話すのが面倒くさい」こと。

ほとんどの仕事って人と関わることだから、ある程度はしょうがないけど愚痴を聞くたびにウンザリしてしまいます。こんな事言ってても何も解決しないし何も起きないし、むしろ他人のモチベーションが下がる効果があるんじゃないかなって思います。

ストレス溜まるんだからそれくらい聞き流せば?とか思うでしょうが、なんで愚痴なんていうんでしょうか?(一応聞き流してるよ!)


そんなに嫌ならやめちゃえばいいのに。転職するか起業するかフリーランスでも選択肢はたくさんあるのに何故か嫌な事を続けています。愚痴、言い訳を言う人は信用されないので、ものすごく損だと思うんですけども。なんて思ったりして。

資本主義で会社組織ならしょうがない

実は今の会社も仕事もそんなに嫌いじゃないです。それは何故かというと大量の社員を抱えた状態だからしょうがないと思うのです。もちろん利益は優先、社員には多少無理を言ったりすることもあるでしょうと。

よく正社員は安定とか言いますけど、それは正社員が安定なんてあり得ないと思うんですよね。甘いことやってると半年もあれば会社なんて潰れますよ。大体の会社は何もしなくても家賃や給料がかかるんですから。だからモチベーションが低い社員のいる会社は安定どころか、むしろ危険なんじゃないかって。

そう考えると安定という幻想を抱いて潰れるまでのチキンレースに見えてくる。

会社って社員の満足度も考えなければいけないから、いろんな意味でコストが高いんだなって思う。本筋とは違う余計なことに労力がかかるから会社組織は効率が悪い。効率が悪いってことは時間がかかる。時間がかかるってことは成功率が下がると思う。

でも、常識だからほとんどの人は気になってないんじゃないかなー。

常識って変なことだらけ

よく考えてみると、社会での当たり前や常識って変な事ばっかりなんですよね!

■出勤時間を全員合わせる
■一斉に始まる就職活動
■残業はNGだけど、早朝来て仕事はOK
■安定してない仕事は否定される風潮
■ビジネスメールで「お世話になっております」とか付けたりする
■年賀状、お歳暮、お中元を送らないと嫌われる
■サラリーマンはスーツ着てと手持ちバックもってる※なんで全員持ってんのアレ笑

全部なにそれ!全然意味ないとか思っちゃう。

自分の得意分野、趣味を仕事にできるか?

効率が良くて合理的なのって自分が得意なことや楽しいことで能動的になっている状態だから、一番良いのは「個人」なんじゃないかなって思っているんだけど、楽しいこと、やりたい事だけで成立させるには、かなり色々考える必要があると思います。その反面、現代は世界のどこにいても連絡が取りやすくなっている繫がっている状態だから、その個人に能力と自信があれば可能性は十分にあると踏んでいるし、成功した人も知っている。

と言うわけで、急ですけど常識に捕われず自分のやりたい事と得意な事で仕事をしてたら最高に楽しいんじゃないかと、このブログ見ている人は分かると思うけどインテリアでどうにかならないか考え中なのでした。
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

Comment

  1. sei fujita より:

    凄く、共感します!でも、「常識」から抜け出せない自分。
    今後の動向をウォッチングさせてください!!(๑˃̵ᴗ˂̵)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2017 All Rights Reserved.