趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

費用抑えて効率よく住体験出来るリノベーションは賢いお金の使い方!

 
  2017/09/04
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。
近年、従来の賃貸以外にもシェアハウスやAirbnb(民泊)など住む事の選択肢も増えてきていますが、憧れのマイホーム!なんて言う言葉もあるように、住宅の購入を憧れる人もまだまだ多いです。

今、常識が変わりつつある

とは言え、住宅を購入する人も今までの「一生を過ごすんだから新築の建物が当たり前」という考えも変わってきています。それは我々消費者が賢くなってきているからです。今までは、高度経済成長〜バブル経済の約35年間の経済成長と、大手不動産会社のTVCMなどの広告活動により「常識」が作られていました。

情報を受ける時代から取る時代へ

以前はTVやラジオなどのメディアから情報を受ける時代でした、今ではインターネットで誰でも何でもいつでも情報を収集する事ができ、一般消費者にも消費の選択肢が増えて来ました。

例えば、昔は音楽は歌謡曲を聞いている人がほとんどで、今のようにJ−POPS、ROCK、HIPHOP、JAZZ、R&Bなど、みんながバラバラの音楽を聞くという事はありませんでした。
そのため、お金の運用方法も増えてきています。今まではお金を「消費」「貯蓄」「保険」の3つに分けて考えている人が多かったのに対して、現在は一般の消費者にも「投資」という考え方がどんどん広がってきています。

あなたの消費マインドは?

突然ですが、物を買う時にどんな基準で購入されていますか?

人によってそれぞれあると思いますが、「気に入った=購入!」という単純な消費行動ではないはずです。また、「安い=購入!」という事でも少し違うと思います。

物が売れない時代

今の時代の消費者は、その物を手にする事で自分(自分たち)に、どの様に有益な事があるかということを大事にしています。例えば、20年前はCDがミリオンヒット(100万枚)がザラにありましたが、今は1.5万枚も売れればBEST10に入ることが出来るほどCDは売れていません。

しかし、アーティストの人気が下がったのかというとそうでもありません。LIVEやコンサートは昔以上に大人気で5000円以上するチケットは即完売し、会場限定のイベントグッズもたくさん売れていています。お金の使い道は物を持つと言う「所有欲」から自分への投資「体験欲」へ変わっている事を表しています。

リノベーションも体験だ

上記でお金の使い方に「投資」が加わったという話をしましたが、何も不動産投資を薦めていると言うわけではなくて、(不動産投資の側面はありますが)リノベーションが体験をベースにした「自分への投資」だからです。

「住」への満足感

通常、自分好みのマンションを買ったり、または気に入った賃貸マンションを借りて「住」の満足を得ようとします。「内見をして自分に合っている!」と言うように感じて決めています。新築マンションに至っては実物を見ないで物件が完成する前に購入するといった日本独特の販売方法もあります。
でも、これは本当に自分に合っているのでしょうか?
そもそも、マンションありきの考えなので、「合っている」のではなく、「合わせられる」が正しい表現だと言えます。事業者は販売が目的なので多くの人に人気が出そうな内装を作っているに過ぎないわけです。そして、そういう物件はデザインの付加価値が加わっているので金額が高い傾向にあります。
一方、リノベーションは内装だけでなく間取りごと変えることが出来るので、自分が合わせるのではなく自分に合わせてオーダーして、生活しやすい環境を作ることが可能です。
例えば、「買い物の荷物が重くて大変」で困っている方は玄関からキッチンにつながる荷物用の小窓を作れば問題が解消されます。「占有面積が狭いけど広いリビング」が欲しい人は自分にとって広さが重要ではない部分を狭くして(例えば、寝室を狭くしてもいい場合など)、その分でリビングを広くできます。こんな個人によって違う要望を叶えられる事が可能です。
このように、見た目のデザインだけではなく、使う事で得られる「価値」がリノベーションにはあります。生活はしやすくなり他の買い方よりも「自分への投資」として効果的だと言えます。

それって注文住宅でも可能なのでは?

答えは可能です。ただ、思い通りの注文住宅は土地を購入して基礎から骨組みまで1から全てを作る必要があるので、建物が出来ているリノベーションの平均価格700〜1000万円と比較すると、施工する部分が広く大きいので費用は3倍以上の2500〜3500万円と得られる「価値」は同じでも「自分への投資」額が3倍効率が悪いと言えます。

リノベーションて何?って人へ。

僕がリノベーションをお願いした「リノべる。」さんで無料でもらえる資料請求があります。
こちらは施工費用期間なども掲載されているのでとても分かりやすいです。

無料の資料請求は下記リンクから
リノベーション向きの物件探しなら。リノべる。

まとめ

ぼくがリノベーションを推しているのは圧倒的な「価値」です。費用に対して効果が大きいからです。自分の好きなテイストのデザインに出来るのはもちろんのこと、自分(家族)にとって便利な「住体験」としての価値を高めた「自分への投資」だと思うからです。

この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2017 All Rights Reserved.