趣味を仕事にするためのブログ

半生を描いた自己紹介はこちら

本格DIY素材が揃う店、中目黒GALLUPへ【ショップレビュー】

 
  2017/08/14
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

ホームセンターで材料を集めてDIYも楽しいですが、せっかく作るならこだわって作りたいのも心情です。そんな人へ、こだわりのパーツや素材を扱っているショップ「GALLUP(ギャラップ)」へ潜入!

中目黒駅から徒歩15分程度の場所に位置するGALLUP中目黒ショールーム。
駅からは少し離れていますが一本道で分かりやすいかと思います。

いろんなオシャレショップがある目黒川沿いなので、徒歩15分でもお散歩気分で到着!(池尻大橋駅の方が近いかも…)
古材を使ったヴィンテージ感のある外観!

SORRY…WE ARE OPEN?
普通は「Come in We’re OPEN」と「Sorry We’re CLOSED」って看板はよくあるけど、 “SORRY…WE ARE OPEN”ってジョーク?なのか。
「私なんかがオープンしてごめんなさい」ってすごいM的なショップだ!

入店して少し奥へ行くと、輸入の木材用のワックスやペンキのコーナーがあります。
業務用のBIGサイズも揃っているようです。

DIY好きならお馴染みの「BRIWAX(ブライワックス)」がこんなに!
現行の全種類が置いてあるのはスゴい!
BRIWAXは稀に輸入時にワックス剤が漏れる不良品が出るのですが、
ギャラップでは、その不良品を¥1,000offほどで売っていることも。
缶を拭けば品質は同じだし多く使いたい場合なんかはいいかもしれません☆
※希望の色がある保証はありませんが…

こちらは「Old Century Colors(オールド・センチュリー・カラーズ)」コーナー。
1800年代のアメリカで作られていた、天然素材を使用したペンキの復刻版。

マットな質感で発色が浅めにでる、味のあるカントリー調のカラーです。
店頭には全てサンプルがありますので選びやすい。
画像左のGOLDENROD YELLOWがいい味出してました!

こっちはBurro Brand (バロー・ブランド)。
ベーシックな「クラシック・バロー」と、簡単組み立て式の「KD・バロー」、作業台の脚を使用した「スツール」の3種類がありました。

馬のマークが印象的なバローブランドは、作業するときのソーホース。
ソー=ノコギリ ホース=馬
2台のソーホースに木材を架けノコギリでカットするときに使うもの。
2台の上に天板置いて、あえてテーブルで使ったり。
使い方は自由。塗ってもいいし。Do It Yourself!

古いものばかりではなく、古いテイストに合うようなランプも販売されていました。
手前右のは、アメリカのヴィンテージ物です。
どちらも雰囲気のあるランプです!

さらに奥へ進むと、建具などインテリアイメージをさせるコーナーが。

雑貨類も多く、古い木箱はこんなにいっぱい。
比較的状態の良いものをセレクトされている様子。
一点物なので、気に入ったものがあれば即買いすべし!

鹿のハンティングトロフィー。
木製の土台がかっこいい形。
探されていた人には¥36,000は安いんじゃない?

オールドスクールな掛け時計とスターモチーフのブリキオーナメント。
ブリキオーナメントでアメリカ人になった気分が味わえるのでは?
個人的には古材に白のスターの組み合わせが好きですね。

DIY家具に便利なアイアン製のパーツがいっぱい!
引き出しの柄とか蝶番とかチェーンとかいい感じのアイテムが揃っています!
一番奥のアンティークドアの種類も豊富。

古材がたくさん!

単品でも購入可能ですが、無垢や古材、加工された素材など一般的な工務店で取り扱う様な普通のフローリングじゃ物足りないって人には天国です☆
オシャレは足元から。
部屋はフローリングから!

一通り見終えたので、出入り口へ。
ヴィンテージ感の強い印象。

アメリカテイストの内装。
こんな感じなら、また来そう。
左側に積んであるのは古材を使用したフレーム(額)もいい感じ。こんど絵でも飾ろうかな。

出入り口の取手のバーが斧になってる!

面白いな、引張ったら空くの逆でした(^_^;)

まとめ

無骨でアメリカンな木と鉄、DIYの雑貨・小物もここでしか扱っていないものや、在庫も多いので商品が選びやすいお店でした。店内には置かれているもの、壁に飾られているものも全て販売されていました。イミテーションではなく古いものばかりで楽しい空間でした!
GALLUPでは店舗内装なども請負っていたり、神奈川県厚木には自社の大型倉庫のショールームがあったりとインテリア関係は殆ど対応可能とのことで中々良いショップでした。が、店頭スタッフがぶっきらぼうな感じで2度目話しかけづらい雰囲気を醸し出しているのが玉にキズ。

金物種類:★★★★★
木材種類:★★★★☆
家具種類:★★☆☆☆
雑貨種類:★★☆☆☆
価格(高-安):★★★☆☆
無骨度:★★★★☆
スタッフぶっきらぼう:★★★★★

GALLUP NAKAMEGURO SHOWROOM
所在地:東京都東京都目黒区 青葉台3-18-9
tel:03-5428-5567
open:10:00~19:00
HP:http://www.thegallup.com/
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2016 All Rights Reserved.