趣味を仕事にするためのブログ

僕が「好きな事をした方が良い」と人に言い続ける理由

革命のファンファーレPRのサンプル撮影がスタート。わずか二日間の出来事!

 
  2017/10/01
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

こんにちは、趣味を仕事にするために活動している崇島亮です。

10/4(水)に発売されるキングコング西野亮廣さんの著書『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』のPRアイデアを思いついて、半分ノリで始めたらいつの間にかチームが50名以上にまで拡大して、毎日Facebookメッセ上で会議しまくっています。

現状でいうとアイデアはだいぶ出てきていて、あとはクラウドファンディングの支援者をいかに面白がってもらえるかそのアイデア実現の可能性についての戦略を考えているところです。

百聞は一見に如かずで、まずサンプル!

毎日活発に稼働しているPRチームのメッセンジャー会議室ですが、23日(土)の深夜1時でも会議は絶えず動いていて、クラウドファンディングではやっぱり見せ方が大事ということでトップ画像や商品画像が必要だという話になりました。

急遽撮影&拡散作戦をすることに

カメラマンが撮影の準備をするというので、もうここのPRメンバーの希望者は撮影して自分の写真を使ってSNSやブログなどで何をやるか見せようという事になり急遽撮影が決定

楽しく自由に目的を達成

そして、撮影が終わり撮影した人達だけじゃなくPRチームのみんなが自由に写真を使ってPR出来たほうがいいと思い、PR方法は各自にお任せしてみました。

そのほうが多様性が生まれるのと、好きな事をするために集まっているのでこのチーム基本強制はナシという考えから。やるもやらないも自由、楽しみたい人が楽しめばいいというスタンスです。だから目的だけ伝えます。

 

ほぼ実現可能!

実際に支援者のリターンを撮影する本番前のリハーサルも兼ねて、撮影の段取りを確認できたのは収穫だった。そして撮影したデータはその場で受け取り自宅へ戻り即レイアウト作成。

サンプルはこんな感じの仕上がりになりそう。僕は一応デザイナーなので使用されているフォントも見れば分かっちゃうのだ。

行動力のある人達に感謝

カメラマンは撮影を行い、すべての写真をその日中に画像を現像し各自のPRに利用できるようにしてくれました。早い!

わずか2日間の出来事だった

月曜日、朝起きたら撮影素材を使ったPRが既に行われていた
誰が何をやるという担当を決めずに僕自身が全部やるつもりで進めているにも関わらず行動に移す人達がどんどん現れてくる。「誰かの誕生日にでもあげようかな」と、さりげなく使用用途を記載していくなど自分で考えてPRしてくれる、こんなやり手なメンバーもいたりします。

この一連の動きはメッセンジャー会議でサンプル撮影を思いついてから、わずか2日間の出来事であることに異常性を感じる。笑

 

↓クラファンページはこちら↓

この記事を書いている人 - WRITER -
『趣味を仕事に』をテーマに活動中のフリーランスアートディレクター。趣味のインテリア、デザイン、カメラマンをメインに自分の『価値』を使って仕事をしています。このブログでは未来の働き方を考えて、如何にして好きなことだけで生きるための方法や自分の仕事のこと、日々思うことを書いています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リノベライフ|趣味を仕事にするためのブログ , 2017 All Rights Reserved.